革ジャンやライダースやレザージャケット・革コートの裏地破れの張替え修理の事例

東京都杉並区荻窪
レザーサロンTOP
    

革ジャンなどの裏地修理

 
革ジャンやライダース、レザージャケットや革コートなど革衣料は大変丈夫ですが、裏地は布で出来ている物が多いので破れたり、穴が開いたり、中にはボロボロの裏地もあります。
ポケットも穴が開いて物を落としてなくしてしまう事もありますね。
 
裏地の修理は、全部交換する裏地の張替え、部分的な裏地修繕などリペアの方法はその状況と予算でいくつかの方法があります。
 
裏地交換に使用する生地は、修理する革ジャンやレザージャケットの素材と同様の物が良いとは思いますが、オリジナルのデザインや生地・色彩の裏地が多いので、実際に裏地張替えをする生地はオリジナルとは変わります。
 
荻窪レザーサロンでは、主に革ジャンに多く使用されているハードツイル、スレキ、帆布、キルティング。レザージャケットに合うサテンやユーデュロイ素材、ライダースに使われているメッシュ素材などのサンプルを用意していますので、実際に色を見て生地を手で触って使用する裏地を決められます。
サンプルをご覧いただくと当初の裏地の素材や色とは違う生地で修理することも多いです。
 
裏地の全交換や背の部分の貼り替えの時は、ブランド名やメーカー名などのタグやサイズタグなどが付いていると思いますが、傷みが無ければ同じ位置に付け戻しをします。
 
裏地のケース別修理事例を参考にご覧ください。
 
税別 表示

革ジャンの裏地張替えの事例

 
裏地全体が擦り切れて破れた革ジャンです。
部分修理も出来ますが、複数ヵ所ですので交換をしました。
 
 
 
革ジャンやレザージャケット、革コートなどの
裏地が擦り切れたり穴が開いた場合の修理方法は、
裏地の全体取り替えリペアと部分取り替え交換修繕の2種類となります。
 
一番上の写真は、
裏地の丈や襟付近、袖口周りなど全体に穴が開いてしまったので、
革ジャンの裏地全部を丸々作成して交換しています。
 
直しに使用する交換生地は、
サテン、キルティング、メッシュ、ハードワイルなど、
色は黒、茶、シャンパンゴールド、赤、ネービー等を
取り揃えています。
 
生地のサンプル見本を、店頭で確認しながら
同系色やイメージチェンジなどお好みの生地や色を決めてリメイクることができます。
 上記、革ジャンの裏地全体の交換参考価格46,000円
 (ポケットの袋交換は別途)
 

革コートの裏地部分修理

 
革コートの場合は丈下部分の裏地が擦り切れる事が多いので、下の方の部分修理でもリペア対応が出来ます。
生地の素材感や色調は変わっていまうので、逆に素材や色を変えてしまう方がアクセントになってよい時もあります。
 
 
 
 
レザーコートの裏地の丈の部分が擦り切れしまったので、
丈の部分だけを新しい裏地に交換修理、裏地張替えをしました。
 裏地 部分修理 18,000円~
 
 

革ジャンの袖裏の裏地やポケットの穴あき

 
裏地の部分修理の中でもで多い修理の一つが袖口の裏側周りの修繕です。
袖口の裏地はそれほど見えるところではないので、丈夫な生地がお勧めです。
 
 
上の写真は、革ジャンを表裏ひっくり返していますので、
裏地が前面に見えている状態です。
 
袖口の黒い部分が裏地を部分的に新しく交換した修理です。
 
袖口の場合、
裏地を交換する修理ためにファスナーやホック、ボタン等の
取り外しが必要になるデザインですと追加料金が発生します。
 
ホック等の金属類は一度外すと再利用ができないため、
色・大きさ・形などが変わります。
ロゴ入りのオリジナル金具の場合、リペア用の無地金具に変わります。
袖口部分 左右 15,000円~
 
革ジャンのポケットの袋修理
 
 
右の写真が、ポケットの袋の作成交換。
 
革コートやレザージャケットなど、
ポケットに穴が開いたり擦り切れた場合のお直しは、 
小さな穴なら縫い修繕で対応できますが、
穴が大きすぎたり生地が傷みすぎていると縫うことができないので、
ポケットの袋の作成の取り替えになります。
ポケット1個の作成交換料金 12,000円~
 左右各1個、計2個の作成交換 15,000円~
 
営業案内(営業カレンダー、地図)

荻窪レザーサロンの営業日、営業時間や地図、駅からの道順などのインファーメーションです。
道は1本道の道なりですが、駅から商店街・お店までの写真案内なので迷わず着きます!?。


 
宅配のご利用

おかげさまで、北海道から九州・沖縄まで、ご利用頂いております。
荻窪レザーサロンは、東京23区にあるのですが、電車ですと遠回り、車だと時間が掛かる等で渋谷、世田谷、港区・大田区その他都内に在住の方の宅配のご利用もあります。

宅配(通販)では、ご心配の方もいらっしゃると思います。
荻窪レザーサロンをご利用のお客様から「お客様の声」を頂いておりますのでご参考にして下さい。

出来上がりだけの宅配のご利用もお受けしております。
宅配のご利用を検討のお客様は、宅配のご利用をご覧ください。


 
修理が出来るかの素材別表
  スエード、ムートン、デリケートな革、毛皮、
エナメル、クロコ等は修理の制約が多いのでご確認ください。 
 
 
革ジャン(皮ジャン・ライダース)の革破れ修理の事例です。
革ジャンの革は、他の皮革衣料品と比べると革が厚く丈夫ですが、引っ掛けたり転んだり激しく動かした時などに革が裂け破れることがあります。
 
レザージャケット(革ジャケット)や革コート(レザーコート)は、革ジャンやライダースの革と比べると薄く柔らかい革が多いです。
ボタンつけ付近やベルトの付け根、ベンツ(裏裾のスリット)など気が付かないうちに革が破れることもあります。
レザーダウンジャケット(ダウンコート)はダウンの流出の保護のため縫いの層が複数層になっていますが、一つ一つ縫いを解いていけば修理することは可能です。
 
B-3フライトジャケットやムートンコートの破れは、裏側のボア(起毛)の重みもあり破けるというよりは、皮が裂けるイメージが多いです。
ムートンのボアをそぎ落としての修理になります。
 
スエードジャケット(スエードコート)などの起毛革は、通常の革(スムース革)と比べると起毛加工をしている分、皮が軟らかく裂けやすいようです。
破れた革の部分が毛羽立ちしているので、他の革と比べると破れ跡は目立ちます。
 
 

革ジャン裏地交換(張替え)修理

革の破れではなく、革ジャン(皮ジャン)・ライダースやレザージャケット・革コートなどの裏地の布破れ修理です。
部分的に修理する方法と裏地を全部張替えリペアの事例です。
ポケットの穴あきなども交換修繕をします。
 
 
 
 
 
レザーサロン革衣料修理

革衣料修理

 革ジャンが破けたも大丈夫
レザーサロン革衣料クリーニング

革ジャンクリーニング

 カビやタバコの消臭
レザーサロン革衣料染め直し

革ジャン染め直し

 色褪せやカラーチェンジ

革ジャン手入れ

革ジャンやレザージャケットの
お手入れレザーエステ
クリーニング程汚れていない
自分で手入れが分からない
トラブルが怖いメンテナンス
でも革はカサカサ乾燥

革衣料リペア価格表

 ファスナー修理やクリーニング・カラーリングの金額です。
  
 
 
 
 
レザーサロン荻窪店 
東京/都内/杉並区/荻窪
革ジャンの裏地修理、革コートやレザージャケットのリペア/お直し修繕
 
 
荻窪レザーサロン
東京都杉並区荻窪5丁目
JR中央線・総武線
東京メトロ丸の内線
荻窪駅南口
商店街を道なりに徒歩2分
荻窪南口仲通り沿い
 
宅配OK、土日営業
 
 

 
   営業日カレンダー 


  営業時間 10:30~18:00
 定休日は
第1・3・5月曜日と
毎週火曜日
(8月は毎週月・火が休み)
年末年始や臨時休業等は
営業日カレンダーを見てください
 
支払方法
店頭利用は現金前払い
(カードは使用できません)
 
宅配利用は代金引換
 
 
 
靴やバッグ・財布(革小物)・革ジャンなどの革衣料品が、他店で断られたり、修理・クリーニング・染め直しが出来ないと言われた品物のお客様へ
 
現品の状態を確認しないと修理が出来るかどうかや値段・どのくらいの時間が掛かるのかの納期はお応えできません。
一度、お電話で概略をお聞かせいただいてから、詳しいことは
直接、お店にお持込いただいてご相談ください。
電話のみではわかりません。
メール・写真でのお問い合わせは受け付けておりません。
 
電話で確認や相談の上、「宅配の利用」  の手順に沿ってお送りください。
出来るか出来ないか不明な修理依頼品は、現物を見るまでわかりません。
お客様の送料負担でお送りいただければ、修理品の確認をさせて頂きます。
修理不可や金額が高くなってのキャンセルなどは、返送手数料をいただいての着払いとなります。
 
よくある47の質問
 
修理30の事例(ビフォー・アフター)
 
 
 
 
荻窪レザーサロンの写真や文章の転載は、
一切禁じております。
 
アフィリエイト・営利目的のホームページ等での転載・流用は、賠償の請求および法的処置を取ります。
 
靴修理は、革靴やパンプス・ブーツなど素材の劣化が無ければ直すことができます。
靴クリーニングは、カビが生えたり、白シミを丸洗いとオゾン洗浄で除菌消臭のクレンジングをします。