レザーコートの革破れ修理

東京都杉並区荻
レザーサロンTOP
    
レザーコートの革破れ修理

ボタン周りの革が裂けて破れしまった革コート
革コートの破れ
 
皮コートの破れ 
 
皮革レザー衣料の革破れは、
裏地をほどいて裏側から補強し、補強終了後に裏地を縫い戻します。
 
縫いがある部分で、縫えるところは革の表面も合わせて縫いますが、
縫って目立つところは裏から革用接着剤で補強接着の修理になります。
革破れの断面はどうしても白く目立つので、破れ部分はカラーリングをします。

革や破れ跡は、ご覧のようにわかります。


革の一部取り替えのご相談もありますが、
簡単な場所でも42,000円以上になり、
革の色や革質が合わないため、かえって目立つことになり、
あまりお勧めできる修理方法ではありません。

瞬間接着剤を使用して修理した革は、革が硬化しているので修理はお受けできません。

平面の1枚の大きな革部分の10センチ以上の革破れや、
V字やY字など複雑に破れた革破れは、特に革破れ跡はわかります。

また、裏地がない革1枚の作りは裏から補強の修理跡がわかりますので、
レザーサロン荻窪店の店頭でのご相談となります。
 
レザーコートがドアノブなどに引っ掛かり革が破れたり、
ポケットに手を入れていて転んだ時に裂けたりするなど、
原因は色々ありますが、
長年着用していると、革が乾燥してきて弾力性や柔軟性が無くなります。
 
 
数年着ている革コートは、
革のケアクリームで自分でお手入れしたり、
レザーサロンでレザーエステなどのメンテナンスるをすることにより、
長く着用できるようになります。
  上記参考価格税抜き 9,000円
   縫いが必要のない場所 8,000円
   皮革レザーの破れ状況や場所、修理方法によって価格は異なります。
 
ボタンのところから革と補強布が契れ破れて取れたレザーコート   
レザーコートの破れ
 

革コートの破れ修理

 
 
 
皮コートの破れ修理
 
 レザーコートの破れ修理
裏から補強して、ボタンも再度取り付け直して修理しています。   
    上記参考価格税抜き 10,000円
 
 
ベンツ(裏裾スリット)が破れたキャメル色の革コート 
革コート破れ修理
 
レザーコート破れリペア
 
 
 革コートの裂け修繕
 
レザーコートの革破れお直し 
革衣料のベンツ(裏裾スリット)部分は、
補強や解き縫いに手間がかかるため革の破れが部分が小さく裂けている程度でも、
修理は他の破れ箇所より割高になります。
上記参考価格税抜き 10,000円
 
 
 
衣料素材別の修理・クリーニングの作業可否表
 
 
 
 荻窪の店舗をご利用のお客様は
 
 
 宅配便をご利用のお客様は
 
例えば、ご相談や修理受付けは店舗で、
修理の仕上りはご都合の良い日時指定の宅配返送でのお受け取りなどもお受けできます。
 
 
 
 
宅配割引サービス
クリーニングまたは染め直しは、税抜き10,000円以上
修理は、税抜き20,000円以上のご依頼で
返送料(本州)が無料 (詳しくは こちら)
 
 
 
 
 

レザーサロン荻窪店 東京/都内/杉並区/荻窪
レザーコート修理/レザーコート染め直し