革靴に防水スプレーをする方法

東京都杉並区荻
レザーサロンTOP
    

靴に防水スプレーをしたのに なぜびしょびしょになるの?

 
水に濡れた靴
 
雨が降ると水が浸みて足が濡れちゃう。
 
防水スプレーをして、雨の日も対策万全のはず。
 
ところが、雨が革靴にしみ込んで防水の効果があまりない。
 
どうしてでしょう?
 
ほとんどの場合は、
防水スプレーを1回だけしか噴霧しないからです。
 
履いてる靴は、
防水スプレーを数回噴霧しなければ効果がありません。
何故かほとんどの使用説明書には、
防水効果がでるまで噴霧を繰り返した方が良いとの説明がありません。
 
数回、噴霧したら
さらに
雨水によく濡れる甲の部分や
水がたまりやすいコバ部分は
 
もう1回おまけで噴霧しましょう。
 
30分ほど乾燥させます。
 
防水スプレーの成分が乾いたら念のため防止の効果を確認しましょう。
 
防水が効いていれば水は水滴になり靴から流れ落ちます。
水がまだ浸み込むようなら、防水効果が確認できるまで噴霧を繰り返します。
 
 
防水の効果があれば
 
水道の水を掛けても水ははじきます。
 
分かりやすいように水道の水を掛けていますが、
染みや色落ちのトラブルになりますから皆さまは真似をしないでください
 
革の表面の防水成分が擦れて無くなると防水効果が無くなります。
履く日数によりますが、防水の効果はだいたい2か月ぐらいです。
大雨に降られると1度で効果が無くなります。
 
防水をしてもレインシューズのようになるわけではありません。
革のつなぎ目や糸穴などから水は侵入します。
長時間濡れていれば、革に水が浸み込み靴の中も濡れます。
 
主な注意事項
噴霧する時は、屋外で行い防水スプレーの有害成分を吸い込まないように注意する。
1度で大量に噴霧すると、シミや色落ちなどのトラブルになります。
少量でも防水スプレーの成分でシミや色落ちする革もあるので、
目立たない部分でテストをする。
防水スプレーに書いてある注意事項や取扱説明をよく読む。
 
このページでの説明は、一般的な革靴の防水噴霧についての記事です。
靴の革質・革の染料の種類や状態、防水スプレーの成分等、
諸条件でトラブルになる事が有ります。
トラブルになっても責任は負えません。
自己責任で行ってください。
 
電話で防水スプレー等に関するご相談は受け付けておりません。
メーカや販売店とご相談ください。
 
ご自分でなさる防水スプレーのご案内ですが、 
靴の防水をご希望の方は、
防水の噴霧だけのサービスは行っておりません。
靴磨きや靴クリーニングの追加オプション(+1,000円)でお受けします。
靴はお預かりです。
このページを参考にして、
なるべくご自分で靴の防水にチャレンジしてください。
 
 
 
 荻窪の店舗をご利用のお客様は
 
 
 宅配便をご利用予定のお客様は
 
例えば、ご相談や修理受付けは店舗で、
修理の仕上りはご都合の良い日時指定の宅配返送でのお受け取りなどもお受けできます。
 
 
 
 

 


靴の防水/靴クリーニング/靴磨き/靴修理