バッグの持ち手修理やビジネス鞄のハンドル修繕の事例

東京都杉並区荻
レザーサロンTOP
 
鞄 持ち手修理
 持ち手(ハンドル) の革が破れたビジネス鞄(バッグ)
ビジネス鞄の持ち手壊れ
 
ビジネスバッグのハンドル修理
ビジネスバッグのハンドル(持ち手)の革が破れて裂けてしまいました。
 
グリーン色と黒の革を使用したコンビ色カラーのバッグです。
グリーン色の革ですと同じグリーンの色はありません。
また、色が近い革が見つかっても革の質感が他のグリーンと合わず違和感が出ます。

黒い色の革の場合は、他の地と比べて革の質感が多くあります。
違和感がなるべく出ないように、今回は黒い革を使用しています。

ハンドルの他の革や芯などは傷んでいないので、
持ち手の上の革だけを新しく作成交換しました。

革1枚の交換ですが、
革を交換するためには持ち手を固定している金具を外したり、
鞄の縫いを解いて、新しい革に交換しての手順が必要になり、
それから、また元に戻す作業などが必要になります。
 
部分的な細かな修理に思えても、カバンの構造によって値段は変わりますし、
簡単に修理が出来ない構造の物もあります。
 
上記参考価格税抜き 18,000円
バッグの形状や修理方法によって価格は異なります。
 
 
 
持ち手ショルダーの革が傷んで切れてきたグッチ(GUCCI)のバッグ
グッチのバッグの持ち手剥がれ
 
グッチバッグの持ち手修理
やや厚い革を貼りあわせたショルダータイプの持ち手になっています。
長年のご愛用で、革が切断され接着もはがれています。
 
ショルダーベルトのはがれは、
1度はがれると再接着では耐久性に問題がありますので、ベルトを縫って固定させる方法となります。
 
今回は、ベルトの傷みが激しいので新規に作成して交換となりました。
 
 
耐久性を考慮して薄い革を貼りあわせて縫ってショルダーを作ることも可能でしたが、
グッチ(GUCCI)の雰囲気を損ないたくないといお客様のご要望で、
オリジナルと同じようにショルダーを2本新規に作成しました。
 
バッグの修理などは、
ブランドやメーカによってさまざまなデザイン・仕様になっています。
ベルトやショルダーなど既製品は、
革の色・質感・デザイン等がオリジナルに合うものはありません。
 
特に海外ブランドは、独自のデザインがセールポイントだと思いますので、
新規の作り直しになる修理が多くなります。
 
 
予算を抑える方法としては、
イメージが変わるのをご了承いただければ、既成ベルトを使用する方法もあります。
上記参考価格税抜き 18,000円
バッグの形状や修理方法によって価格は異なります。
 

 

 
   バッグ修理の参考価格
 
 
 荻窪の店舗をご利用のお客様は
 
 
 宅配便をご利用のお客様は
 
例えば、ご相談や修理受付けは店舗で、
修理の仕上りはご都合の良い日時指定の宅配返送でのお受け取りなどもお受けできます。
 
 
  
 
宅配割引サービス
クリーニングまたは染め直しは、税抜き10,000円以上
修理は、税抜き20,000円以上のご依頼で
返送料(本州)が無料
 
 
  
 
 
 
 
荻窪レザーサロン

 
   営業日カレンダー 


 
  営業時間 10:30~18:00
 
 
支払方法
店頭利用は現金前払い
宅配利用は代金引換
 
 
よくある47の質問
 
修理30の事例(ビフォー・アフター)
 
 
 
 
レザーサロンの写真や文章の転載は、
一切禁じております。
 
アフィリエイト・営利目的のホームページ等での転載・流用は、賠償の請求および法的処置を取ります。