鞄の穴あきパイピングやヘリ巻き角の色擦れの修理

東京都杉並区荻窪
レザーサロンTOP
    
 

バッグ・鞄の角スレの穴あき修理

 
 
革鞄やブランドバッグでも長年の使用で、底の四つ角の革が擦れたり穴が開いたりします。
 
 

革バッグのパイピング修理

 
革の穴からプラスチック棒(パイプ)が見えてきた時は、パイピングの修理を行います。
バッグのパイピングを1本分または2本分と全体に革を変える修理は、鞄の分解修理となります。
 
バッグを分解しない部分修繕は、外側の革の上に新しい革を部分的に貼ります。
 
  
白く見えるのがプラスチックパイプです。
 
角の革が摩耗して革に穴が開き芯になっているプラスチックが露出しました。
 
革が無くなってしまった部分に近い色の革を部分的に貼った修理です。
 
写真ではわかりませんが、
部分修理の場合は修理方法としてバッグの内側をほどいて中から貼った革を縫いつける方法と外側から貼るだけの2種類の方法があります。
 
  
  
 
下の革のほとんどがスレて革が無くなり、下側の部分のプラスチックパイプが全体的に露出しています。  
 
範囲が広いので、バッグの前側の上から後の上まで1本分を新しく変えています。
鞄の左右にパイピングが有るので、2本分のパイピング革を交換しています。
全体的に交換するので鞄を分解して、バックの内側で新しい革を縫い付ける修理となります。
 

バッグ角スレ穴あきパイピングの修理価格表

 
 
 

ヘリ巻き(バインダー)の修理

 
上のパイピング修理と似ていますが、プラスチック棒がなく革を重ねてからその上に別の革でカバーをして縫っています。
ビジネスバッグのような大きな鞄や丈夫そうなバッグに多いです。
ほとんどの場合は、角の擦れている所に新しい革を乗せて修理するリペアが多いです。
もちろん、外のヘリ巻き革を1本まるまる交換することも可能です。
 1ヶ所 3,500円~
 

革が擦れて色落ちだけの場合のリペア

 
角が擦れているだけで、革がどうにか大丈夫な場合は、色落ち・色剥げしている革の角だけに色を入れるカラーリングで対応できます。
 
革の状態は戻りませんが、革にダメージが少ない時のリペアです。
バッグの角スレ補色の事例
 

バックの四隅が完全に穴が空いた場合の修理

鞄四隅の革あて修繕 
四隅の革や布が完全に穴が開いた場合は、鞄の下の縫いを解いて外から革を当て縫う方法と穴をバッグの中へ入れ込んでしまう方法があります。
四隅の革あては、1ヶ所7,000円~×4=28,000円~
中への縫い込みは1ヶ所4,000~
 
 
 
 
荻窪レザーサロン
東京都杉並区荻窪5丁目
JR中央線・総武線
東京メトロ丸の内線
荻窪駅南口
商店街を道なりに徒歩2分
荻窪南口仲通り沿い
 
宅配OK、土日営業
 
 

 
   営業日カレンダー 


  営業時間 10:30~18:00
 定休日は
第1・3・5月曜日と
毎週火曜日
(8月は毎週月・火が休み)
年末年始や臨時休業等は
営業日カレンダーを見てください
 
支払方法
店頭利用は現金前払い
(カードは使用できません)
 
宅配利用は代金引換
 
 
 
靴やバッグ・財布(革小物)・革ジャンなどの革衣料品が、他店で断られたり、修理・クリーニング・染め直しが出来ないと言われた品物のお客様へ
 
現品の状態を確認しないと修理が出来るかどうかや値段・どのくらいの時間が掛かるのかの納期はお応えできません。
一度、お電話で概略をお聞かせいただいてから、詳しいことは
直接、お店にお持込いただいてご相談ください。
電話のみではわかりません。
メール・写真でのお問い合わせは受け付けておりません。
 
電話で確認や相談の上、「宅配の利用」  の手順に沿ってお送りください。
出来るか出来ないか不明な修理依頼品は、現物を見るまでわかりません。
お客様の送料負担でお送りいただければ、修理品の確認をさせて頂きます。
修理不可や金額が高くなってのキャンセルなどは、返送手数料をいただいての着払いとなります。
 
よくある47の質問
 
修理30の事例(ビフォー・アフター)
 
 
 
 
荻窪レザーサロンの写真や文章の転載は、
一切禁じております。
 
アフィリエイト・営利目的のホームページ等での転載・流用は、賠償の請求および法的処置を取ります。
 
靴修理は、革靴やパンプス・ブーツなど素材の劣化が無ければ直すことができます。
靴クリーニングは、カビが生えたり、白シミを丸洗いとオゾン洗浄で除菌消臭のクレンジングをします。