鞄の革が裂けた修理
 
税抜き表示
バッグのファスナー近くの開閉部の革裂け 補修
バッグ革破れ 
 
 鞄 革破れ
バッグに荷物を一杯入れて、
鞄がパンパンの状態でファスナーを開け閉めすると
どうしても革にも負荷が掛かり、革裂け・革破れのアクシデントになってしまう時があります。
 
特に女性用の高級バッグは、
羊革(シープスキン)が使用されていることが多く、
柔らかく手触り感は良いのですが、過度の重さや衝撃には弱いです。
 
修理方法としては、
破れた革部分の周りの縫い部分をほどいて革の裏側に革あての補強をします。
 
革を補強して、破れた部分を接着します。
補強した革部分で縫い合わせますので直した部分は強度が増し耐久性が出ます。
革が裂けた破れ跡はわかります。
 
破れた革部分の1パーツを新しい革で交換ということも出来ますが、
メーカーがロットで作ったバッグの革と同じ革を、
修理用の革で小さな部分パーツとして用意することは出来ません。
 
革の色や革質が全く違うものになることを了承できれば、
リペア値段も上記修理例の約2・3倍の15,000~20,000円ぐらいで修繕できます。
 
 上記修理の参考料金 7,000円 
 
鞄のサイドの革破れ修理
 バッグ 革破れ修理
 
鞄 革破れ修理 
バッグの縫い部分が切り取り線のようになり、
そこから革が縫い糸に沿って裂けてしまいました。
 
革が硬質で、つるっとした革は乾燥すると裂けやすい傾向にあります。
 
裂けた革をつなぎ合わせ補強して修理をします。
縫い合わせる時は破れ部分が見えないようにやや内側に入れ込んで縫っていますので、
バッグのマチが広がっても外側からは修理箇所は分かりません。
 
このバッグは、中側に布がない1枚革で作られていたので、
内側からは補強側のお直し跡は分かります。
 
中に布がある内袋タイプの鞄ですと、
内袋をほどいて中側を修繕するので修理跡は見えなくなります。
上記修理の参考料金 4,500円
 内袋があるバッグの場合の修理 6,000円
 
 
 
 
 
   バッグ修理の参考価格
 
 
 荻窪の店舗をご利用のお客様は
 
 
 宅配便をご利用のお客様は
 
例えば、ご相談や修理受付けは店舗で、
修理の仕上りはご都合の良い日時指定の宅配返送でのお受け取りなどもお受けできます。
 
 
  
 
宅配割引サービス
クリーニングまたは染め直しは、税抜き10,000円以上
修理は、税抜き20,000円以上のご依頼で
返送料(本州)が無料 (詳しくは こちら)
 
 
 
バッグ修理の事例
 
ほつれや縫い修理 
 
 
 
持ち手・ショルダー・根革等の修理 
 
 
ファスナー・金具・内袋の修理  
 
 
 
 革バッグの染め直し・色変え 
 
 
 
 
 
 
 
 その他の修理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 レザーサロン荻窪店 
東京/都内/杉並区/荻窪 /ブランド修理   
バッグ修理/バッグの革破れ直し  革裂けリペア/革切れ修繕/バッグ皮地リフォーム
 
 
 
荻窪レザーサロン

 
   営業日カレンダー 


 
  営業時間 10:30~18:00
 
 
支払方法
店頭利用は現金前払い
宅配利用は代金引換
 
 
よくある47の質問
 
修理30の事例(ビフォー・アフター)
 
 
 
 
レザーサロンの写真や文章の転載は、
一切禁じております。
 
アフィリエイト・営利目的のホームページ等での転載・流用は、賠償の請求および法的処置を取ります。