ルイ・ヴィトンバッグのショルダー修理

東京都杉並区荻
レザーサロンTOP
    
 ルイ・ヴィトンのバッグ持ち手の根本(根革)修理
ショルダーの本体革(根革)が切れてきたルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のバッグ
ルイヴィトン修理
 
ヴィトン修理 
修理方法は2種類あります。

一つ目の修理方法()は、
切れそうな革の部分を新しく作成する。
新しい革で作成するので修理部分の革は丈夫で綺麗に仕上がります。
革の色や革質が多少変わります。
(上のルイ・ヴィトンはヌメ革が使用されているので新しく作成した修理革との違いが分かります)
 
二つ目の修理方法()は、
革の内側に別の新しい革を挟み込んで補強して修理をする。
 
補強の革でもたしているので耐久性はあります。

切れかけた革をそのまま利用しているので、切れや汚れはそのままになります。
元々付いていた革なのでバッグには馴染んでいます。
レザーサロン荻窪店では、
2種類の修理方法を紹介して、お客様と相談しながら修理方法を決めていきます。
写真の修理例は、修理方法()で行っております。
上記参考価格 一つ目の修理方法() 1か所 税抜き 6,000円
上記参考価格 一つ目の修理方法() 1か所 税抜き 4,000円
 
 
 
新しく革を作成する場合でも、
現状の革を補強して流用する場合でも
ルイヴィトンのバッグと革バーツ等の分解は同様に必要になります。
 ルイヴィトン バッグ修理
 ヴィトン バッグ修理
バッグの中の内袋の縫製のほどき。
内袋の縫製をほどくと、
根革部分を革で保護しています。
 
 
 
ヴィトン 鞄修理
 
ルイヴィトン 鞄修理
根革部分の縫製をほどいて
バッグ本体から外します。
ショルダーから根革をはずします。
 
上記は、
ルイヴィトンのバッグの一部分の分解ですが、
バッグの構造はブランド・メーカーやデザイン等によって異なります。
おおむね欧米の高級ブランドは、
しっかり丁寧に作らていることが多いので、
バッグの分解等に手間がかかり修理料金が高額になることもあります。
 
 
 
 
ルイヴィトンは、

ショルダーや持ち手など革にヌメ革が使用されいるバッグが多くあります。

乾燥に弱いので長年の使用や長期保存でヌメ革が乾燥し、ショルダーのひび割れや革切れのトラブルが発生します。

革の乾燥によるヒビ割れや革切れ防止に、ヌメ革にも使用できる専用クリームも店舗に用意しております。
 バッグ クリーム
 
アニリンカーフ クリーム
税抜き 900円
 
   バッグ修理の参考価格
 
 
 荻窪の店舗をご利用のお客様は
 
 
 宅配便をご利用のお客様は
 
例えば、ご相談や修理受付けは店舗で、
修理の仕上りはご都合の良い日時指定の宅配返送でのお受け取りなどもお受けできます。
 
 
  
 
宅配割引サービス
クリーニングまたは染め直しは、税抜き10,000円以上
修理は、税抜き20,000円以上のご依頼で
返送料(本州)が無料 (詳しくは こちら)
 
 
 
バッグ修理の事例
 
ほつれや縫い修理 
 
 
 
持ち手・ショルダー・根革等の修理 
 
 
ファスナー・金具・内袋の修理  
 
 
 
 革バッグの染め直し・色変え 
 
 
 
 
 
 
 
 その他の修理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
荻窪レザーサロン

 
   営業日カレンダー 


 
  営業時間 10:30~18:00
 
 
支払方法
店頭利用は現金前払い
宅配利用は代金引換
 
 
よくある47の質問
 
修理30の事例(ビフォー・アフター)
 
 
 
 
レザーサロンの写真や文章の転載は、
一切禁じております。
 
アフィリエイト・営利目的のホームページ等での転載・流用は、賠償の請求および法的処置を取ります。