革ジャンファスナー修理、革ジャンファスナー交換。

東京都杉並区荻
レザーサロンTOP
    
革ジャンやレザーコートなどの革衣料のファスナー修理
 
ファスナーが壊れて閉まらなくなった革ジャンのリペア (フロントファスナー)
 
 
革ジャンファスナー交換。
革ジャンやレザーコートのファスナー(チャック・ジッパー)を閉めても
知らないあいだにファスナーが開いたりするのは、
ファスナーのスライダーやムシ部分がすり減り、
金属部分などが摩耗したことが原因です。
 
ファスナーの布地が裂けて破れてしまった場合に、
布地部分(ファスナーテープ)の破れ縫いの要望がありますが
布地部分を縫ってしまうとファスナーの開け閉めが出来なくなってしまいます。
 
ファスナーの摩耗や布地破れは、
新しいファスナーの取り替えの交換修理で直すことになります。
 
革ジャンや革コートなどの交換するファスナーは、
主にYKK製になりますのでオリジナルの色やデザイン形などは変わります。
ブランド品、特有の色や形など同じものはご用意できません。
 
ファスナー交換は、付いているファスナーを取り外さないと交換できません。
ファスナーのすぐ近くにあるホックなどの金具やボタン、
ベルトなどのアクセサリー類があるとファスナーが外せません。
アクセサリー類も外して直すことになります。
ホック、カシメ等の金具類は外すと再利用は出来ません。
違うホックやカシメを取り付けますので色や形が変わります。
 
開閉の金具スライダー(スラース)だけの交換修理のご依頼がありますが、
スライダー金具の挿入口がほつれなどで抜け落ちて、
取れてしまったスライダーを再度取り付ける修繕は可能です。
 
金具やファスナーが壊れたことが原因で取れてしまったスライダー金具は、
別のスライダーですと規格が合わず再度の取り付け出来ないことが多いので、
スライダー・引手金具の壊れもファスナーの交換修理が前提になります。
 
ファスナーのスライダーのみの交換修理は受け付けておりません。
 
 
 
ファスナー(チャック・ジッパー)の修理は、
上の写真のようにファスナーの布地が破れたりほころびた場合でも
ファスナーを交換する修繕になります。
 
ファスナーは、布地(テープ)と開閉部分(ムシ)が
下の写真のように一体型で作られているため、
どちらか片方だけを修理、交換することは出来ません。
 
 
 
 上記ファスナー交換修理13,000円
 ファスナー形状、取付けデザインにより価格は変わります。
 
 
 
革ジャンファスナー交換
革ジャン・レザーライダースなど
ファスナーのスライダーが上下2個のデザイン プラス1,000円~
 向かって右のホック付革の脱着 プラス1,000円~
 
 
 ファスナーが大、特大のファスナー交換リペア
 
 プラス1,000円~
 
 ファスー横のホック取り外し交換直し
 
 1個毎 プラス1,000円~
 前立てファスナー(ファスナーのガード革カバータイプ)1か所 プラス1,000円~
 上記の写真は2か所のタイプ、
ページ1番上の写真のキャメルの革ジャンは、
向かって右側に1か所の前立て(ウインドフラップ)が付いているタイプ
 
 
 
 革ジャンファスナー修理
ボタンの脱着の修繕 1か所 プラス1,000円~
(革コートに付属しているタイプ)
 ファスナー前立て(ウインドフラップ) 2か所 プラス2,000円~
 
 
 レザーライダースによくあるタイプで、
ダブルライダース等ファスナーが生地の中にあるもの プラス5,000円~
 
 その他
ファスナー60センチ超 10センチ毎に プラス1,500円~
 レザーコートは60センチを超える長さが多いので、
長さを測って確認ください。
 
ファスナー(チャック・ジッパー)の修理は、
革ジャン、レザージャケット、ライダース、レザーコート、革コート、レザーダウンなどの
革衣料でしたらファスナーの交換リペアは可能です。
 
レザーライダースは、ホックやファスナー前立てなどが付属しているタイプが多いので、
追加オプションを参考にしていただければ概算の値段がわかると思います。
 
レザーコートのファスナーの取り換えは、
ファスナーの長さと前立ての有無でおよその金額はわかると思います。
 
 
 
 
 荻窪の店舗をご利用のお客様は
 
 宅配便をご利用のお客様は
 
 
 
例えば、ご相談や修理受付けは店舗で、
修理の仕上りはご都合の良い日時指定の宅配返送でのお受け取りなどもお受けできます。
 
 
 
 
レザーサロン荻窪店 
東京/都内/杉並区/荻窪
革ジャンのファスナー、チャック、ジッパー修理/お直し修繕リペア